赤い錠剤と瓶

ラブグラとは女性用のバイアグラの名称であり、不感症や性的興奮障害を改善する効果のある医薬品になります。
錠剤であるために様々な場所で簡単に服用することができ、状況を問わず服用が可能な医薬品です。
女性用ED治療薬とも言われています。
ラブグラは市販されている多くの媚薬とは異なり、産婦人科でも処方されている正規の医薬品になります。
そのため、効果には個人差こそありますがある程度の保証があり、用途を守れば安全に使用することができます。
ラブグラの使用が推奨される人としては、性欲が低下して性行為を行う気にならない人、性行為におけるオーガズムに達せず性行為に満足を得られない人、膣内の潤いが不足し性交痛がある人、などが挙げられます。
そうした症状が見られる人がラブグラを使用することで、性行為に積極的になることができる可能性があります。
ラブグラには、使用することで膣内や外陰の血行が良くなり、感覚が鋭敏になって感度が高まるという効果があります。
また膣内の潤いが増加する作用もあるため、性行為における痛みなどが軽減することも考えられます。
男性用の医薬品であるバイアグラと同様に精力増強剤ではないために性欲を増進させる作用はありませんが、膣内の感度、潤いが増すことで、結果的に性欲の増加に繋がることが期待されます。
服用方法は空腹時を選び、半錠から服用することが推奨されています。
ラブグラの主成分であるシルデナフィルは腸から吸収されるため、空腹時を選択することで吸収率が上がり、効果が出やすくなります。
効果の持続はおよそ5時間ほど続くとされ、その間何度でも性行為を行うことが可能になっています。
しかし、アルコール、カフェインによって効果が阻害される場合があるため、服用の際には注意が必要となります。

記事一覧
幸せなカップル

性的快感が得られず、セックスに対して消極的になってしまうという女性は少なくありません。 オーガズムに...

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧