• ホーム
  • ラブグラを使った早漏と老体対策

ラブグラを使った早漏と老体対策

ラブグラは、女性用ED薬として有名です。
この治療薬は、女性の不感症などのEDの原因である血行不良に対して、成分のクエン酸シルデナフィルの働きで、血管を広げて血液の流れを良くすることにより、女性の感度を上げる治療薬です。
具体的には、血行を整えて、女性器やクリトリスの血行をよくします。
そうすることで、女性が感じやすくする治療薬です。
そのため、ラブグラを使う時は多くの女性が自分自身のED改善のために使います。
しかし、パートナーである相手の為にラブグラを使う方法もありますので、覚えておくと便利です。

その使い方とは、ラブグラで女性の感度を上げていくタイミングを合わせたり、調整をするためにも使えます。
例えば、早漏の男性への対策です。
早漏とは、男性が感じすぎて我慢できず早くいってしまう症状を言います。
そのため、女性としては一人とり残されて不満ですが、そんな男性に対して、女性があらかじめラブグラを飲んでおくことで、女性も感度が上がり、早漏男性と同じほど速くいくことができます。
同じように、相手が老体の場合は、女性がいつまでもいかないと、老体である相手が疲れてしまいます。
そのような場合も、ラブグラを利用して、女性が感度を上げておけば、女性も早くいきやすくなります。
こうしてラブグラを利用して、女性の性感の感度を上げることで、相手に合わせて、二人で同時にいくことができたり、早く行くことができます。
すると早漏や老体の男性も助かるし、女性も満足できます。
これは、ラブグラを利用してタイミングを変える利用方法のひとつですが、ほかにも、色々な使い方ができます。
例えば、EDではない女性が使うことにより、いつもと違う濃厚なセックスを楽しむのに役立ちます。

関連記事